死ね!クズ野郎!を訂正すべきかも知れない

8月27日付け当ブログで盲導犬のオスカーの傷について紹介し、すぐに(もちろん私のブログのせいではないが)マスコミにも取り上げられ全国的に話題になったが、もしかしたら犯人は皮膚病?という話題を見つけた。

以下のブログ「毎日が3K日記」さんに紹介され、その中にも元記事が転載自由とあったので、ごめんなさい紹介させていただきます。

「先日よりニュースで騒がれている「盲導犬が通勤中にフォーク(のようなもの)で刺された」という事件ですが、
実は獣医師の中では、事件が報道された当初から、
「あれ、皮膚病じゃないの?」
という意見は出て来ていました。

実際に診た訳ではないので、もちろん断定はできないのですが、
違和感を感じる原因としては、

「事件当日の傷口としては、炎症反応が周りに広がりすぎている」

ということがあります。

新鮮創であれば、ここまで炎症は広がっていなさそうなものですが、
周りに炎症の赤い色が広がっていることを考えると、
この画像だけを見ると、

「皮下に膿瘍が溜まっていて、それが破裂して血膿(ちうみ)が出て来たんじゃないの?」

と思ってしまいます。

気になったので、獣医師のコミュニティで他の獣医師に尋ねてみた所、
皮膚病だと思うという意見の方が多数でした
(※数字の使用の許可を得ていなかったので削除させていただきました)。

フォークと考えている人がもうちょっといるかなと思ったのですが、
大半の獣医師はあの画像を見て、皮膚病の可能性を考えたということです
(「何とも言えない」は、フォークの可能性を含んでいます)。

本来、実際に症例を診ていない獣医師が、
実際に診た獣医師の診断についてとやかく言うことはできないのですが
(皮膚病は特に、画像だけではわからない部分があります)、
もしもあれが皮膚病だったとしたら、

いるはずのない犯人を捜そうとして大騒ぎになっている」
とあるのだ。
URLは下記
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-1309.html

さてこれが本当だとしたら・・・
私は無責任な記事を書いたことになる。反省すべきかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック